Other

Toshifumi Kiuchi × GIG L/S Tee

型番 gig14
定価 7,700円(税700円)
販売価格 7,700円(税700円)
Color
Size
購入数


※2/28のPop Up終了と共に掲載終了となります。
※店頭でも同時販売している為、ご注文いただいたタイミングで完売している場合もございますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願いします。

Small
着丈70cm / 身幅46cm / 袖丈61.5cm
Medium
着丈73.5cm / 身幅52cm / 袖丈61.5cm
Large
着丈75cm / 身幅56cm / 袖丈65.5cm
X-Large
着丈77cm / 身幅61cm / 袖丈65.5cm

Toshifumi Kiuchi
アートディレクター/グラフィックデザイナー、木内俊文。
2013年よりSLEEPINGTOKYO所属。
音楽、アート、ファッション等々カルチャーへの偏愛を武器に、広告キャンペーンやブランディング、CI/VIデザイン、空間演出、パッケージデザイン、ムービーディレクション、書籍、WEBなど、媒体を横断してアートディレクション/デザインを手がける。
またグラフィックアーティストとして、アパレルやプロダクト、メディアへのグラフィック提供、自身のアートワークの展示を行う。
運営しているギャラリー&スーベニアショップ ”LAID BUG”ではディレクターを務め、展示の企画、アートブック出版、グッズのデザインを行う。

GIG〔gut ist gut〕
2018年から仙台とメルボルンを主な拠点としてアパレル、パーティ、アートショー、ドキュメンタリー制作など、多種多様なメディアを通して、新しい価値や問題を発信するアノニマスな集団です。
“GIG”とはドイツ語の“gut ist gut”、つまり「良いものは良い」という意味に由来してます。
彼らの活動は仙台やメルボルンを拠点にしながらも、ベルリンや東京、大阪のアンダーグラウンドシーンからの影響も強く受けており、そうした都市でのコミュニティ形成に不可欠な媒体であっただけでなく、井戸端会議的な役割を果たす場所への共鳴が、彼らを突き動かしてきました。

彼らが発信する言葉の一つに「future subjunkies」という造語があります。
「未来の話題中毒者」という意味をなすこの言葉は彼らの思想を垣間見せます。
これは変わり続けるストリートを従来する中で社会が未だキャッチしえない新しい価値や、隠れた社会の問題を発見し、それらを外側に提示きていくという彼ら自身を表し、アパレルに落とし込まれたその言葉は着る人々を媒体にして意味や存在を拡張していきます。

アートスペースで行われた洋服と彼らの思想が可視化されたインスタレーション展、日本では当時ほとんど認知されていなかったリソグラフ印刷を利用したポスターエキシビション、日本で報道されていない西パプア独立運動のドキュメンタリー制作等、多角的な活動を通して、ファッション・音楽・アートを横断、接合しながら同時代においての新しい価値や問題の提示を続けています。

text Takata Hikaru〔FL田SH〕

GIG is an anonymous collective that has been based mainly in Sendai and Melbourne since 2018, transmitting new values and issues through a wide variety of media including apparel, parties, art shows, and documentary production.

The name "GIG" comes from the German word "gut ist gut", meaning "what is good is good".

While they are based in Sendai and Melbourne, their activities have been strongly influenced by the underground scenes in Berlin, Tokyo and Osaka, and they have been motivated by the resonance of places that not only served as an essential medium for community building in those cities, but also played a role as a well-wisher.

One of the words they have coined is "future subjunkies". One of the words they coined is "future subjunkies," which means "future buzz addicts" and gives us a glimpse into their philosophy. The term "future subjunkies," which means "future topic addicts," gives us a glimpse into their philosophy, which is to discover new values and hidden social issues that society has yet to catch through the ever-changing streets, and to present them to the outside world.

Through their multifaceted activities, such as an installation exhibition at an art space that visualized the clothes and their ideas, a poster exhibition using lithograph printing, which was almost unrecognized in Japan at the time, and the production of a documentary on the West Papuan Independence Movement, which is not reported in Japan, they have been able to cross over fashion, music, and art. Through such multifaceted activities as a poster exhibition using lithograph printing, which was not available in Japan, and the production of a documentary on the West Papuan independence movement, which has not been reported in Japan, we continue to present new values and issues of our time while crossing and joining fashion, music, and art.

text Takata Hikaru [FL田SH].

CHECK ITEM