RUTSUBO

RUTSUBO Hans (RUTSUBO×FACE×DOUBLE FOOT WEAR)

型番 ru56
定価 22,000円(税2,000円)
販売価格 22,000円(税2,000円)
Color
Size
購入数


FACE Okaがロゴデザインを担当したHans(ハンス)はサドルオックスフォードをモチーフにしたデザイン。
ヒモ無しタイプのデザインになっていますが、中にゴムが仕込まれており足がホールドされる様になっています。
そのため脱ぎ履きがとても楽にできます。
ソールは100%天然クレープてで独特な弾力がありクセになる履き心地。
アッパー素材はスウェード、レザー共に牛革で日本製。
レザーは「植物タンニン」と「クローム」鞣しのハーフで、革本来の風合いを残しソフトに仕上がっている革となっています。
ヒールのリフレクターも特徴的。
RUTSUBO×FACE×DFWのトリプルコラボをご堪能ください。

Size
0:22.5cm/足長240mm/幅82mm
1:23cm/足長245mm/幅83mm
2:24cm/足長255mm/幅85mm
3:25cm/足長265mm/幅87mm
4:25.5cm/足長270mm/幅88mm
5:26.5cm/足長280mm/幅90mm
6:27.5cm/足長290mm/幅92mm
※DOUBLE FOOT WEARの靴は、つま先と踵部分に固定する芯材を使用しておりませんので、革靴とは違い多少ゆとりのある作りになっております。

Material
BODY:Cow Lether
SOLE:Crepe sole

Made in Japan

FACE Oka
台湾人の父と日本人の母を持つ、東京生まれのアーティスト / イラストレーター。
アパレル、広告、雑誌を中心に国内外問わずグローバルなアー ティストとして活動の幅を広げている。
2014年から本格的に手描きのイラストを始める。
雑誌などの挿絵をはじめ、様々な媒体とコラボレーションを行っている。
これまでにHUMAN MADE®、adidas、Better、SNEEZE magazine、Richardson magazine、 ISETAN、BEAMS、Foot Patrol、Disney、GOODHOOD などへ作品を提供。

DOUBLE FOOT WEAR
古くから靴の産地としても盛んであるEAST TOKYOにある下町浅草。
その界隈には数多くの靴メーカー、革屋、加工屋がひしめいています。
その一角にある小さな工房で、パターンオーダーの手製靴やアパレルブランドの靴を製作してきたシューメーカー。
その職人達の技術と、作り手ならではの発想を元に立ち上げたファクトリーブランド『DOUBLE FOOT WEAR』
『できうるかぎりシンプルな発想』をコンセプトに『made in japan』と『履きやすさ』にこだわったシューズです。

坩堝(RUTSUBO)
種々さまざまなものが混ざっている状態を表す言葉「るつぼ」。
多民族が混在するNew York Cityを「人種の坩堝」と形容した事により誕生した言葉である。

ブランド名にした「坩堝」(RUTSUBO)には、世界中に存在するブランド、作家、概念、文化などが混ぜあう場所を表現する意味があります。
つまり、壺の中で多ジャンルがミックスされ商品となります。

特定のジャンルに特化することはなく、私たちが育ったストリートカルチャーをベースに大人が楽しめる他にない商品づくりをしています。
毎シーズンアーティストプロダクトを企画して、作家とともに商品を作っていきます。それらは、衣類だけではなく、陶器、インテリア家具、日常雑貨、スケートボードなどジャンルレスです。

「日本のモノづくりを世界へ」がRUTSUBOのテーマです。

CHECK ITEM